鼻の施術

  • 施術を受ける前に
  • ヒアルロン酸注入の体験談
  • ヒアルロン酸Q&A

TOPヒアルロン注入と他の治療法の比較鼻の施術

鼻の施術

プロテーゼ

シリコンで出来たプロテーゼを鼻に挿入し、形を整える施術です。プロテーゼには「I字型」「L字型」があります。クリニックによっては一種類しか扱っていないところもあるため、それぞれのメリットや注意点を正しく知り、自分に適したプロテーゼを選択しましょう。どちらのプロテーゼも高さのあるスラッとした鼻筋に整えることが可能です。特に鼻先に高さを出したい場合は「L字型」が良いでしょう。しかし、L字型プロテーゼの場合、鼻先の負担が大きいため、より自然な仕上がりを求めている人はI字型がオススメです。プロテーゼを挿入する際は鼻の穴の中から切開するため、傷跡は一切わかりません。また、ヒアルロン酸注入と違い、半永久的な効果が得られます。

鼻翼縮小

鼻の穴が大きい人や、小鼻が横に広がり顔に対して鼻が大きく見える人に人気のある手術です。小鼻を外側から切る「外側切開」と、鼻の穴の下を切る「内側切開」、両方を切る「両側切開」があります。傷跡が目立たないからという理由で、内側切開を希望する人もいますが、鼻のタイプに適した切開方法を選択することが大切です。小鼻が大きい人は外側切開を、そうでない人は内側切開が向いています。間違った切除方法で施術をしてしまうと不自然な鼻になってしまうため、医師の正しい判断が必要です。鼻翼縮小術は、左右対称で美しい鼻にするのが難しい施術です。一度切除すると元に戻すことが困難なため、クリニック選びは慎重に行いましょう。

ヒアルロン酸との違いは!?

プロテーゼ・鼻翼縮小は、ヒアルロン酸注入に比べ、「効果の持続時間が長い」です。そのため、『理想の鼻を半永久的に得たい』、という人はこれら2つの施術が有効です。しかし、プロテーゼ・鼻翼縮小はヒアルロン酸注入に比べダウンタイムが長い、というデメリットを持っています。また、1度施術を受けると簡単に元に戻せません。

プロテーゼをした方の体験談

口コミ
プロテーゼをした方の体験談

昔から団子鼻が悩みでした。歳をとってから頬がたるんだせいか、若い頃より鼻が低くなっていると感じました。残りの人生も綺麗でいたいと思い、鼻を整形することに決めました。団子鼻を改善でき、さらに鼻筋をスッと通すことが出来るということでL字型プロテーゼを挿入しました。施術後3日間ほどは腫れていましたが、1週間もすれば綺麗な鼻筋になっていました。L字型は不自然な仕上がりになると昔聞いたことがあったのですが、全くそんなことなくとても自然です。触れると歪む気がするので、あまり衝撃を与えないように注意しています。

口コミ
鼻翼縮小をした方の体験談

みんな私のゴリラのような鼻を見ているのではないかと思い、怖くて人と目を合わせることができませんでした。先生はとても親身になって話を聞いてくれたので安心して身を任せることができました。確実な方法である外側と内側の両方を切り取って縮めてもらいました。抜糸も済み傷跡が修復してきた2週間目にようやく理想通りの鼻と対面できました。ゴリラ鼻の面影はどこにもなく本当に嬉しかったです。とても上手な先生にお願いしたので、傷跡は残らず、鼻の穴も左右バランスが良いのですごく満足しています。これからは明るく人と会話できそうです。

おすすめ美容整形外科

品川美容外科

様々な美容整形メニューで人気を誇っている品川美容外科ですが、特にヒアルロン酸注入による豊胸施術は高く評価されています。品川美容外科が行っているヒアルロン酸注入による豊胸術は、カウンセリングが非常に丁寧で、…

続きはこちらへ

  • 公式HPはこちらへ
  • 詳細はこちらへ